額装

額装は、もっと気楽なものであってもいいと思う


装とは、いわば作品のお召し物。
何気ないと思っていた絵でも、額装をすることで纏う雰囲気が変わり、一気に見栄えがするというのはよくある話です。
ただ、お召し物というのは、何も豪華絢爛なものばかりではありません。
パーティーで着るようなドレスもあれば、室内でカジュアルに着こなしたい普段着もある。
同じように、額装はもっと気軽に楽しめるものであってもいいと私たちは考えています。
例えば、旅先で買ってきたポストカード。
筒状にして置いてあるだけの卒業証書。
記念日にあの人と行った映画のチケット。
大切な思い出をパッケージして残しておけるというのも、額装の1つの楽しみ方ではないでしょうか。
作品を綺麗に保ち続けるという目的だけでなく、生活に彩りを加えてくれるアクセントとしての額装をバックス画材は提案しております。
名刺サイズのミニフレームから本格的な絵画展示用まで幅広く対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

電話をかける